ビットコインって何?

未分類
GMOコイン
・ビットコインは2009年から運用されている世界初の暗号通貨。
・ビットコインは世界で初のブロックチェーン(分散型台帳技術)を基盤とし、中央銀行のような管理者が存在しない。
・ビットコインは世界で最も知名度の高い暗号通貨だが、暗号通貨全体を指すものではない。

ビットコインとは何ですか?

ビットコインは、2009年にサトシ・ナカモトという人物によって開発された、世界初の暗号通貨です。2010年には、1ビットコインがわずか1ドル以下で取引されていましたが、2022年には、最高値が7万ドルを超えました。これは、わずか12年で、7万倍の値上がりです。

ビットコインは世界初の暗号通貨のため、「暗号通貨=ビットコイン」と思われている方もいますが、決して同義語ではなく、暗号通貨には、ビットコイン以外にもたくさんの種類があります。

ビットコインの特徴を教えてください。

ビットコインには下記のような特徴があります。

・中央銀行や政府といった第三者の管理を必要としない
・ユーザー同士が直接取引を行うことができる
・ブロックチェーン技術によって支えられている
・匿名性が高い
・送金手数料が安い
・国境を越えた送金が容易である
・発行枚数は2,100万枚に限定されている

中央銀行や政府といった第三者の管理を必要としない

ビットコインは、ブロックチェーン技術と呼ばれる技術によって支えられています。ブロックチェーン技術とは、取引記録を分散台帳に記録する技術です。この技術により、ビットコインの取引は改ざんや不正が非常に困難になっています。

※出典:カゴヤのサーバー研究室

ユーザー同士が直接取引を行うことができる

ビットコインは、ユーザー同士が直接取引を行うことができます。これは、ビットコインが中央銀行や政府といった第三者の管理を必要としないからです。ビットコインユーザーは、ビットコインウォレットと呼ばれるソフトウェアを使用して、ビットコインを保管し、送受信することができます。ビットコインウォレットは、オンラインウォレットとオフラインウォレットの2種類があります。オンラインウォレットは、インターネットに接続されているため、簡単にアクセスすることができますが、ハッキングなどのリスクがあります。オフラインウォレットは、インターネットに接続されていないため、ハッキングなどのリスクが低いですが、アクセスが困難な場合があります。

ブロックチェーン技術によって支えられている

前述のとおり、ビットコインはブロックチェーン技術によって支えられています。

ブロックチェーン技術とは、取引記録を分散台帳に記録する技術です。この技術により、取引記録は改ざんや不正が非常に困難になっています。

ブロックチェーン技術は、ビットコインに限らず、様々な分野で活用されています。例えば、金融、不動産、医療、製造などです。ブロックチェーン技術は、従来のシステムにはない利点があり、今後ますます注目される技術であると考えられます。

匿名性が高い

ビットコインは、匿名性が高いとされています。これは、ビットコイン取引の際に、ユーザーの個人情報が明かされないからです。ビットコイン取引では、ユーザーは、ビットコインアドレスと呼ばれる、英数字で構成されたアドレスを使用します。ビットコインアドレスは、ユーザーの個人情報と紐づけられていないため、ビットコイン取引を行ったユーザーの個人情報を特定することは非常に困難です。

しかし、ビットコインは完全に匿名とはいえません。なぜなら、ビットコイン取引の記録は、ブロックチェーン(分散型台帳)に記録されます。ブロックチェーンは、すべてのユーザーが閲覧することができます。そのため、ビットコイン取引の記録を分析することで、ユーザーの個人情報を特定することは可能です。

送金手数料が安い

ビットコインの送金手数料は安いです。ビットコインは、中央銀行や政府といった第三者の管理を必要とせず、ユーザー同士が直接取引を行うことができるため、送金手数料が安く抑えられています。

ビットコインの送金手数料は、取引量やネットワークの混雑状況によって異なりますが、通常は数円から数十円程度です。これは、従来の金融システムで使用される法定通貨の送金手数料と比べて非常に安い金額です。

ビットコインの送金手数料が安い理由は、以下のとおりです。

  • 中央銀行や政府といった第三者の管理を必要としない
  • ユーザー同士が直接取引を行うため、仲介業者を介さない
  • ブロックチェーン技術によって、取引記録が分散台帳に記録されるため、処理が効率的
国境を越えたリアルタイムな送金ができる

ビットコインは国境を越えたリアルタイムな送金が可能です。ビットコインは、中央銀行や政府といった第三者の管理を必要とせず、ユーザー同士が直接取引を行うことができるため、国境を越えた送金も容易です。

ビットコインで送金を行う際は、送り主と受取人のビットコインアドレスを入力します。送金手数料を支払うと、ビットコインは受取人のウォレットに送られます。ビットコインの送金は、通常数分以内に完了します。

ビットコインは、従来の金融システムで使用される法定通貨よりも送金手数料が安く、国境を越えた送金も容易なため、海外送金に適しています。

発行枚数は2,100万枚に限定されている

ビットコインの発行枚数は2100万枚に限定されています。これは、ビットコインの創始者であるサトシ・ナカモトが設定した上限です。ビットコインは、ブロックチェーン技術によって管理されており、ブロックチェーン技術には、発行枚数を制限する仕組みが組み込まれています。

ビットコインの発行枚数は、毎年約4%ずつ増加し、2140年には発行が終了する予定です。ビットコインの発行枚数上限が設定されている理由は、インフレを抑制するためです。インフレとは、通貨の価値が下落することです。ビットコインの発行枚数上限が設定されていることで、ビットコインの価値が下落しないようにすることができます。

ビットコインの発行枚数上限は、ビットコインの価値を支える重要な要素の一つです。ビットコインの発行枚数上限が設定されていない場合、ビットコインの価値はインフレによって下落していく可能性があります

GMOコイン

コメント

タイトルとURLをコピーしました