アルトコインって何?

未分類
GMOコイン
・アルトコインとは、ビットコイン以外の暗号通貨の総称
・2023年7月現在、約10,000種類ある
・それぞれ用途が異なる

アルトコインって何ですか?

アルトコインとは、ビットコイン以外の暗号通貨の総称で、2023年7月現在、約10,000種類あると言われています。代表的なアルトコインは以下のとおりです。

・イーサリアム(ETH)
・ビットコインキャッシュ(BCH)
・ライトコイン(LTC)
・リップル(XRP)
・ネム(XEM)
・ステラルーム(XLM)
・エンジンコイン(ENJ)

アルトコインは種類が多い

アルトコインは、現在10,000種類ほど存在すると言われていますが、仮想通貨取引所によって、取り扱いの有無が異なります。ビットコインは、世界中の取引所で取り扱いがありますが、アルトコインは、取り扱い銘柄が比較的少ないです。

アルトコインはそれぞれ用途が違う

アルトコインは、開発の目的によってそれぞれ異なった特徴があります。

ビットコインは、通貨としての用途が主な目的ですが、アルトコインの中には、ある専門領域での使用を目的としていたり、送金時間の短縮を目的として開発されたアルトコインなどもあります。

ビットコインと比較して、アルトコインの特徴を教えてください。

・アルトコインは、ビットコインと比べて単価が安い
・アルトコインは、開発途中のため価格変動が大きい
・種類が多いので、分散投資できる

アルトコインは、ビットコインと比べて安いことが多いです。これは、アルトコインの多くが、ビットコインよりも発行枚数が多く、流通量が多いためです。

また、アルトコインの多くは、ビットコインよりも開発が進んでおらず、時価総額が小さいため、価格変動が激しい傾向にあります。言い方を変えると、大きな利益を狙うことができます。

そして、種類が多いため、分散投資することが可能です。分散投資をすることで、リスクを軽減することができます。

どのアルトコインに投資すればいいか、ポイントを教えてください。

・時価総額

・通貨としての性能

・未来へのビジョン

時価総額とは、その暗号通貨の流通量と価格を掛け合わせたものです。仮想通貨の時価総額は、その仮想通貨の価値を測る指標の一つです。つまり、時価総額が高いということは、流通量が大きく、それだけ投資家に注目されているということになります。

暗号通貨の性能のひとつに、送金速度があります。基本的に送金速度が早いと、処理能力が高いとされ、今後さまざまな事業で採用される可能性も高くなります。そして、順調に開発が進んでいるかなども、ひとつの目安になります。

また、前述したとおり、アルトコインは、それぞれ利用用途や開発目的が異なります。未来へのビジョンが明確であり、それに向けた開発が着実に進んでいるようなアルトコインは、優良だと言えます。

将来的に期待できるアルトコインを、ずばり教えてください。

・イーサリアム(ETH)
・ライトコイン(LTC)
・リップル(XRP)
・ビットコインキャッシュ(BCH)
・エンジンコイン(ENJ)

●イーサリアム(ETH)

イーサリアム(Ethereum)とは、ビットコインに次ぐ2番目に時価総額が大きい暗号通貨です。イーサリアムは、ビットコインとは異なり、単なる仮想通貨ではなく、スマートコントラクトを実行できる分散型台帳プラットフォームです。スマートコントラクトとは、契約の条件が満たされた場合に自動的に実行される契約です。イーサリアムでは、スマートコントラクトをブロックチェーン上で実行することで、仲介者を必要とせずに、安全かつ効率的に取引を行うことができます。

●ライトコイン(LTC)

ライトコインとは、ビットコインに似た暗号通貨ですが、ビットコインよりも取引速度が速く、送金手数料が安いことが特徴です。ライトコインの取引速度は、約45秒です。これは、ビットコインの取引速度が約10分であることと比べると、非常に速いと言えます。また、ライトコインの送金手数料は、約0.0001ドルです。これは、ビットコインの送金手数料が約0.0005ドルであることと比べると、非常に安いと言えます。

●リップル(XRP)

リップルは、送金手数料が安く、処理速度が速いため、国際送金や決済処理に適しています。また、中央集権型のシステムを採用しているため、セキュリティが高いというメリットもあります。2023年7月現在の時価総額は、第6位です。

●ビットコインキャッシュ(BCH)

ビットコインキャッシュは、ビットコインからハードフォークした暗号通貨です。ハードフォークとは、ブロックチェーンのシステムを変更することです。ビットコインキャッシュは、ビットコインよりもブロックサイズを大きくすることで、取引速度を向上させています。取引速度が速く、送金手数料が安いため、日常生活での利用に適しています。

●エンジンコイン(ENJ)

エンジンコインは、ゲームアイテムをトークン化し、ゲーム内外で取引できるようにすることで、ゲームアイテムの価値を向上させています。エンジンコインは、現在、世界中で多くのゲームで利用されており、今後もその利用が拡大していくと考えられます。ゲーム業界に革命をもたらす可能性を秘めています。

※上記のアルトコインは、現時点でおすすめではありますが、当然ながら今後の価格上昇を約束するものではありません。

GMOコイン

コメント

タイトルとURLをコピーしました